福岡で観光福岡タワー!高さ123mから360度の大パノラマ見どころ満載

観光名所

福岡の観光といえば福岡タワー。

福岡タワーは全長234mで、東京スカイツリー、東京タワーにつぐ、日本で3番目に高いタワーです。
海近くに建てられた海浜タワーとしては日本一。

タワーの中には、博多ラーメンのおもしろ写真スポットや恋人の聖地といわれるスポットもあります。

今回は、福岡タワーからの絶景を含め、見どころをご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク
  

福岡タワーの見どころ!福岡タワーってこんなとこ

福岡タワーに入るとまずは窓口で展望チケットを購入します。

福岡タワーの展望料金は

  • 大人(高校生以上)800円
  • 高齢者(65歳以上)500円
  • 中人(小・中学生)500円
  • 小人(4才児以上)200円

です。

車で来場した場合は、併設の駐車場にとめると窓口にて割引チケットがもらえます。
また、タワーを上ると、展望フロアにはトイレがないということなので、1階でトイレを済ませておきましょう。

トイレを済ませて、いざ展望台へ。

エレベーターに乗る前に、係の方が写真を撮ってくれました。
撮影後は引換券をもらい、タワーを出る際に写真を見て購入するかどうか決めます。(写真代金1000円です)

案内されると、こちらのエレベーターに乗って展望フロアへ向かいます。

タワーの中は、地上108mまではこのように吹き抜けになっています。
圧巻でした!

エレベーターは、70秒かけて123mの高さまであがっていきます。
最上階の展望フロアは、5階ですが一般的なビルの高さに換算するとなんと40階に相当するそうです!


123mの高さに到着しました!

5階はぐるっと360度見渡せます。

能古島や志賀島、アイランドシティ、福岡市中心街、ヤフオクドームなど見渡すことができました。

スポンサーリンク

こちらは通路の様子です。
私は平日に行ったので、人もほどほどでしたが、休日などになると人がごった返しそうですね。

こちらは、博多ラーメンとコラボ写真がとれるおもしろスポットです。
ラーメンの写真の上に立って写ると・・・、

なんと博多ラーメンの具になっちゃいます!!

福岡ならではの写真がとれて嬉しくなりました。

こちらは「福岡で一番空に近い福岡タワー神社」。
博多弁のおみくじが引けて、結び所までありました!

海外の観光客の方が楽しそうにおみくじを引いていました。

こちらはロマンチックな演出のハートのアーチ。
デートが盛り上がるように作られた写真スポットです。

福岡タワーは「恋人の聖地」にも選ばれているんですよ。
デートや告白の場所にもってこいですね!

ぐるっと一周したあとは、5階から3階まで階段で降りてエレベーターに乗ります。

3階に行ってみると、ちょうどゴジラがいました!!

福岡市中洲にあるキャナルシティのイベントの宣伝のようです。

3階からエレベーターに乗り、入り口で撮ってもらった写真を見て帰路につきました。

福岡タワーを詳しく紹介!

福岡タワーの営業時間は9:30~22:00です。
休館日は6月の2日間だけ。

福岡タワーといえばイルミネーションも有名で、春には桜、夏には天の川、秋はお月見、冬はクリスマスツリーといった光の演出を見ることができます。

1階はチケット売り場やお土産ショップが入っており、3階は展望室、4階がスカイラウンジ、5階が展望室です。
4階のスカイラウンジでは、全席ベストビューでランチからディナーのコース料理まで多彩なメニューが揃っています。
天空のレストランで楽しいひとときを過ごしたいものですね。

福岡タワーは、安全面でも震度7の地震に耐えられるようになっているんです。
以前、福岡では震度6の大地震があったのですが、そのときも福岡タワーは耐えられたんですね!

福岡タワーの周辺情報や詳細な地図はこちら【楽天たびノート】→https://kanko.travel.rakuten.co.jp/hukuoka/spot/S40001104.html?cid=tr_af_1631

まとめ

今回は、福岡に来たら必ず行きたい福岡タワーの様子をご紹介させていただきました。

博多ラーメンの写真スポットや、空に一番近い神社、恋人の聖地など見どころ満載ですので、ぜひ参考にして行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

コメント