福岡限定土産おすすめのチョコレートショップ!女子にも男子にも!

観光名所

福岡のお土産といえば「チョコレートショップ」の洋菓子。

チョコレートショップは、福岡中心街の天神「スウィーツ総選挙」でも第2回は第三位、第3回は傑作10選に選ばれています。

今回は、福岡土産に、ぜひおすすめしたいチョコレートショップのスイーツをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
  

福岡土産にぴったり!博多駅で購入できるめんたいロッシェ

福岡土産といえば「めんたいこ」ですが、チョコレートショップには「めんたいロッシェ(1,188円)」という「いかにも博多!」という商品があります。

(引用:チョコレートショップホームページ)

めんたいロッシェは、明太パウダーの練りこまれたホワイトチョコレートをサクサクのフレークにからめたもの。
チョコの甘さと明太子の辛さがやみつきになる味です。

これなら、スイーツ好きの女子はもちろん、男子にもうけそうですね。

めんたいロッシェの賞味期限は、製造日より約2週間です。
チョコレートがコーティングされているので、要冷蔵保存です。

移動に時間がかかるので常温保存のものがいい!という方は、チョコレートショップの「石畳クッキー」がおすすめ。
こちらも博多駅内のアミュプラザ1Fにあるチョコレートショップで18枚入り900円で購入でき、個包装されているので友達や会社に配るお土産にぴったりですよ。

時間があれば、ぜひチョコレートショップ本店へ行ってみて!


明太ロッシェや石畳クッキーはお土産に最適ですが、チョコレートショップの名物商品といえば、

  • 各種チョコレート
  • 博多の石畳(生チョコ20個入り)1,500円
  • 博多の石畳(ケーキ)大1,700円 小400円
  • 石畳ロール(プレーン・チョコ)950円
  • 博多ふわり(チーズ・チョコ)120円

です。

チョコレートショップの店舗は

  • 本店(福岡市博多区綱場町3-17)
  • 博多駅(福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティアミュプラザ博多1F)
  • ソラリアプラザ(福岡市中央区天神2-2-43ソラリアプラザ1F)

にあります。
チョコレートショップ ホームページ

店舗により置いている商品が異なりますが、時間があれば、ぜひ一度は福岡の観光地としてチョコレートショップの本店に足を運んでいただきたいです。

チョコレートショップといえば、「博多のチョコのはじまりどころ」を掲げる地元福岡では超有名店です。
創業は、1942年。

こちらの動画では、社長さんの洋菓子にかける熱い思いが伝わってきます!

先日、私も本店で石畳ロールと博多ふわりを購入しました。

石畳ロールの箱。

直径18cmほどです。

スポンサーリンク

ロールケーキの中央には、チョコレートクリームとチョコレートスポンジが!

博多ふわり。

スフレタイプのチーズケーキです。
私は、このチーズケーキが大好きで、よく差し入れに使ってます♪

手のひらサイズで、さらっと食べてしまいます。

実は、チョコレートショップは海外にも店舗があります。
それが花の都パリ!!

チョコレートショップのチョコレートは、2014年のパリコレでケータリングフードとして採用されたことをきっかけにスイーツの本場パリでも「日本を代表するチョコレート」として注目を集めています。

パリでも注目されているチョコレートショップのスイーツ。
日本人ならぜひ、一度は食べてみたいものですね。

本店には「ZEROチョコレート」といって、パリコレで採用された砂糖不使用のチョコレートも販売されていますよ。

チョコレートショップの名物石畳ケーキは福岡空港でも購入できる

チョコレートショップのケーキは、福岡空港でも購入することができます!

販売場所は「ANAFESTA」です。

福岡空港で購入できるのは、チョコレートショップ名物「博多の石畳」はもちろん、

(引用:ANA FESTAホームページ

福岡空港限定ロールケーキ「ル・ショコラーナ」も購入できます。

(引用:ANA FESTAホームページ

直接自宅に送ってもらえる便利なネット通販もありますので、そちらも参考にしてくださいね。
チョコレートショップ オンラインショッピング

まとめ

今回は、福岡のお土産といえば、おすすめしたいチョコレートショップのスイーツについてご紹介させていただきました。

明太ロッシェや石畳クッキーは博多土産にぴったりです。

チョコレートショップは、「博多のチョコのはじまりどころ」として福岡では超有名店です。
福岡観光の際には、ぜひ本店へも立ち寄って、美味しいスイーツを堪能してください。
チョコレートショップ ホームページ

スポンサーリンク

コメント