花粉症の人はバナナのアレルギーにも注意!花粉症悪化の危険!?

花粉症

バナナを食べると舌がピリピリしたり、口やのどがかゆくなったら、それはバナナアレルギーかもしれません。

特に秋に花粉症の症状が出やすい方は、バナナにアレルギー反応が出る確率が高くなります。

今回は、花粉症とバナナアレルギーの関係についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
  

花粉症の人はバナナアレルギーが出やすい!?

秋頃に発症しやすいブタクサ花粉症の人は、バナナアレルギーが出やすくなります

これは交差反応といって、ブタクサ花粉のアレルゲンに反応する体の抗体が、バナナのアレルゲンにも反応してしまうことによる発症するアレルギーです。

花粉症の人が果物や野菜を食べると、交差反応により発症するアレルギーを「花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)」といいます。

ブタクサが生息するのは、8月~10月の秋ごろです。
ブタクサ花粉症の人は、バナナだけでなく、スイカやメロン、ズッキーニ、キュウリなどにもアレルギー反応を示しやすくなります。

多くの場合、果物や野菜によるアレルギーは口やのどの粘膜でアレルギー反応が起きます。

そのため

  • 口の周りやのどがかゆくなる
  • 口の中がイガイガする

といった口腔アレルギーがほとんどで、全身に症状が出ることは少ないです。

これは、果物や野菜のアレルゲンは、消化酵素に弱いため、胃や小腸などの消化器で分解されるからです。
そのため、直接さわった口やのどだけにアレルギー反応が起こりやすくなります。

実際、バナナにアレルギーを持つ人に聞いてみると、舌がピリピリしたり、のどや口にかゆみやイガイガを感じ、少し腫れたりするということでした。

バナナで花粉症は悪化する?対策は?

バナナを食べると腸内環境が改善し、花粉症が緩和するということもありますが、ブタクサ花粉の方は要注意です。

バナナを食べることで花粉症が悪化するというわけではありませんが、体がバナナのアレルゲンに反応し口腔アレルギーが出ることがあります。

バナナアレルギーが出た場合の対策としては、バナナを食べないことが最も大切です。
花粉症と同様、バナナアレルギーを完治することはできません。

スポンサーリンク

はっきりとバナナアレルギーかどうか分からない場合は、いきなりバナナを食べずに、少し舌にのせてアレルギー症状が出ないか様子を見ましょう。
もし、症状が軽くても食べ続けると悪化する危険性があるので、少しでも症状が出たら食べるのを控えることが大切です。

バナナアレルギーは、内科やアレルギー科でアレルギー検査を受けることができます。
検査には、血液検査や皮膚テストがありますが、口腔アレルギーの検査には皮膚テストが価格も安く短時間で結果が出るのでおすすめです。

花粉症の人はトマトやリンゴも要注意

花粉・食物アレルギー症候群(PFAS)は、ブタクサとバナナだけではありません。

飛散する花粉に関連のある果物と野菜は次の通りです。

  • ハンノキ・オオバヤシャブシ(1月~5月)・・・リンゴ、モモ、ナシ、イチゴ、メロン、スイカ、キュウリ、キウイ、オレンジ、ゴボウ、ヤマイモ、アボカド、ニンジン、セロリ、ジャガイモ、トマト
  • スギ・ヒノキ(2月~5月)・・・トマト
  • シラカバ(4月~5月)・・・リンゴ、モモ、ナシ、イチゴ、キウイ、オレンジ、メロン、ヘーゼルナッツ、アーモンド、クルミ、ピーナッツ、セロリ、ニンジン、ジャガイモ
  • オオアワガエリ・カモガヤ(5月~10月)・・・メロン、スイカ、キウイ、トマト、ジャガイモ、タマネギ、オレンジ、セロリ
  • ヨモギ(8月~10月)・・・キウイ、ニンジン、セロリ、レタス、ジャガイモ、トマト、ピーナッツ、クリ

花粉症の方は、様々な野菜や果物にアレルギー反応を示す場合があるので注意してください。
野菜や果物を食べて少しでも違和感を感じたら、すぐに食べるのを控えましょう。

まとめ

今回は、花粉症とバナナアレルギーの関係についてご紹介させていただきました。

秋に花粉症の症状が出る人は、ブタクサが原因の場合が多く、バナナにもアレルギー反応が出る危険性があります。
症状としては、口やのどなど口腔に出ることがほとんどです。

バナナを食べて少しでもアレルギーの症状が出たら、重症化しないよう摂取を控えましょう。

内科などでバナナアレルギーの検査を受けて、お医者さんに診断を受けることも大切です。

スポンサーリンク

コメント