みたらし団子のたれが余ったらごはんやスイーツにアレンジ!保存方法も

食材の活用

「みたらし団子をつくったら、たれが余った!!」

そんなときは、たれをごはんやスイーツにアレンジしてみましょう。
みたらしのたれは、甘辛い味なのでおやつだけでなく、お料理の調味料としても使える万能調味料なんです。

ぜひ、参考にして試してくださいね。

ちなみにお団子を作りたい場合は、うどんや絹ごし豆腐なんかでも簡単に作れます。


うどんは、家に常備している方も多いはず。
こちらもチャレンジしてくださいね。

みたらし団子のたれが余ったら作りたいアレンジレシピ

スイーツ編

まずは、スイーツにアレンジしてみましょう。

余ったみたらし団子のたれは

  • ヨーグルトにかける
  • アイスにかける
  • トーストにかける
  • お餅にかける

といった使い方ができます。

はちみつのような使い方ですね。
甘辛いたれなので、同じ使い方でもはちみつとはひと味違うものが出来上がります。

ダイエット中などでヘルシーなおやつにしたい場合、お豆腐にみたらしのたれ、きなこやいりごまをお好みでかけでデザート冷ややっこを作ってみるのもいいですよ。

ごはん編

意外や意外、みたらし団子のたれは、デザートだけでなくおかずとの相性もばっちりなのです。
というのも、みたらし団子のたれの材料は砂糖・みりん・しょうゆ・片栗粉・水

スポンサーリンク

つまり、甘辛い味のおかず、親子丼や酢豚、和え物などにぴったりです。

  • 親子丼
  • 酢豚
  • いんげんの胡麻和え

親子丼はみたらしのたれに、お好みでおしょうゆとお酒を加えます。
酢豚は、たれに酢やしょうゆ、酒、ケチャップで調味します。
いんげんの胡麻和えは、たれのほか、ねりごまやすりごま、おしょうゆ、かつおぶしを加えましょう。

ほかにも、定番のかぼちゃの煮物なんかも、たれを使って簡単に作ることができます。
かぼちゃの煮物もたれだけでは、甘すぎるので、お好みでおしょうゆを加えましょう。

和食のお料理の味付けに使えて便利なみたらしのたれ、常備しておくのもいいですね。

みたらし団子のたれは冷蔵保存できますが、たれの水分が多かったり、砂糖の量が少なかったりすると劣化が早まります
そのため、数日で使いきれない場合は冷凍保存したほうが無難です。

みたらしのたれを作る場合は、保存のことも考えて砂糖を多めに入れておくといいですね。

まとめ

今回は、みたらし団子のたれが余った場合のアレンジについてご紹介させていただきました。

ヨーグルトやトーストにかけて食べたり、親子丼やあえ物のたれにしたり、みたらしのたれはスイーツからおかずまで様々なものに使えて便利なことが分かりましたね。

冷蔵庫で保存したい場合は、劣化を防ぐため砂糖を多めに使用しましょう。

ぜひ、参考にしてください。

スポンサーリンク

コメント