ハロウィンパーティで幼児が楽しめる子供向けゲームや遊びは?

イベント情報

「ハロウィンパーティを初めてするけど、どんなことをしたらいいのかな?」
初めてのハロウィンパーティ、子供たちがどんなことをしたら喜んでくれるか分からないものですよね。

そこで、今回は「幼児向けのハロィンパーティのゲームや遊び」をご紹介させていただきます。

※こちらは、こども英語教室のハロウィンゲームの様子です。

スポンサーリンク
  

ハロウィンパーティで子供が喜ぶゲーム

幼児でも楽しめるハロウィンパーティのゲームといえば

  1. ハロウィンキャラクターゲーム
  2. ハロウィンボーリング
  3. くじ引き
  4. プレゼント交換
  5. ハロウィン福笑い
  6. ツイスターゲーム

といったものがあります。

ハロウィンキャラクターゲーム


ハロウィンのキャラのマネをするゲームです。
大人が「おばけ!」といえば、子供たちがおばけになったり、「かぼちゃ!」といえばかぼちゃになりきったりします。

ハロウィンのキャラといえば、ミイラ、ドラキュラ、魔女、こうもり、がいこつ、天使、かぼちゃ、クモなどあります。
ちょっと幼児には難しいかもしれないので、大人がイラストも一緒に提示してあげるとやりやすいですよ。

ハロウィンボーリング

ハロウィンボーリングはその名の通りボーリングですが、ピンにハロウィンのイラストをつけます。
幼児ならボーリングをしたことがない子もいると思いますので、物珍しくてみんなで楽しめるゲームです。

室内でできるボーリングといえば、100均にも販売されていますし、ペットボトルで簡単に作ることもできます。
順位をつけて、景品のお菓子をあげるというのもいいですね。

景品のお菓子は、100均で販売されているハロウィン使用の小袋にグミやクッキー、あめ、チョコなど入れるとハロウィン気分が高まります。

くじ引き

くじ引きは幼児なら、めちゃくちゃ楽しんでくれる遊びです。
私は、ハロウィンに関係なく子どもと一緒にくじ引きで遊んでいます。

くじ引きは、お菓子の箱などで簡単に手作りできますね。

くじには、景品のお菓子の名前を書くのもいいですが、私のおすすめは、お菓子の隠し場所を書く方法です。
あらかじめ、お菓子の袋をカーテンの裏や棚の中などに隠しておき、くじに「カーテンの裏」「棚の中」などと書きましょう。

子どもたちはくじを引くだけでも楽しいのですが、お菓子を探すのも楽しくてたまらないはずです。

プレゼント交換


プレゼント交換は、クリスマス会などでもやる定番の遊びですね。

プレゼンの交換をする場合は、あらかじめプレゼントの価格を設定しておいたほうが無難です。

「ハロウィンにちなんだプレゼント」や「お菓子」「オレンジ色のもの」などテーマを決めておくのもおすすめです。

スポンサーリンク

ハロウィン福笑い

ハロウィン福笑いは、かぼちゃのおばけを使って遊ぶ福笑いです。
かぼちゃのおばけの福笑いはこちらのサイトで無料ダウンロードできます。
ハロウィンカボチャ福笑い

遊び方は、お正月にやる福笑いと同じです。

おかしな顔ができて、子供たちがはまること間違いなしです。

こちらは、小学生のハロウィン福笑いの動画ですが、参考にしてくださいね。

ツイスターゲーム

ツイスターゲームといえば、大人でも楽しめるこちらのゲーム。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

盛り上がれ ゲーム の 定番 ツイスターゲーム
価格:1780円(税込、送料無料) (2018/8/21時点)

初めてで難しい場合は子どもだけでなく、子供と大人がペアになって楽しむというのもいいですね。

まとめ

今回は、幼児でも楽しめるハロウィンパーティ向け子供のゲームや遊びをご紹介させていただきました。

ハロウィンキャラゲーム、ハロウィンボーリング、ツイスターゲーム、くじ引き、プレゼント交換、ハロウィン福笑いなど、いろいろありますが、中でも私のおすすめは「くじ引き」です。
お部屋にお菓子を隠しておくと、子供たちは楽しみながらお菓子を探してくれますよ。

ほかにもハロウィンの音楽をかけて、ハロウィン仕様のシールブックや塗り絵するのもいいですね。

幼児といっても成長の差が大きい時期なので、お子さんたちにぴったりのゲームを選んでくださいね。

年少さんであれば、友達と一緒に仮装してハロウィン気分を味わうだけでも十分楽しいはずです。
部屋の飾りつけ、ハロウィン風の料理を一緒に作るのもいいですね。

ハロウィン料理にはコウモリ、おばけの形のパスタを入れたミネストローネやかぼちゃの器に入ったグラタンがおすすめです。
デザートには、パンプキンプリンやパンプキンマフィンにおばけのピックを飾ってはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント