甘酒を水筒に入れて持ち運び!?それって大丈夫?知らないと危険!!

食材の保存

甘酒は、栄養豊富で健康や美容欠かせない飲み物のひとつですよね。

甘酒を普段から、水筒に入れて持ち運び、会社や学校などで飲んでいる方や今後、甘酒を携帯したいと考えている方がいらっしゃると思いますが、気になるのが「甘酒って、水筒で持ち運びしても腐らないの?」ということ。

そこで、今回は甘酒の水筒での持ち運びについて、腐敗の可能性の有無について詳しくご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
  

甘酒は水筒に入れて持ち運ぶのは危険

結論からお伝えさせていただくと、温かい甘酒を水筒に入れて持ち運びするのは、腐敗の可能性があるので、やめておいた方がいいです。

そもそも甘酒は、麹菌というカビの一種が増え、糖化が起こることで甘酒特有の甘みを出します。
そのため甘酒は、カビなどの菌が繁殖しやすい状態になっています。

一般的に菌類が繁殖しやすい温度は10℃~45℃で、もっとも活発なのは30℃~37℃です。

そして、甘酒は私たち人間にとって栄養の宝庫ですが、それは、菌類にとっても同じことが言えます。
つまり、温かい甘酒を魔法瓶に入れて持ち運ぶと、水筒内で菌の繁殖しやすい温度が保たれ栄養たっぷりの甘酒の中で菌が増殖しやすいのです。

腐敗がかなり進むと、水筒内でガスが発生し、ふたが飛び出す危険性もあります。

魔法瓶メーカーさんの回答も「NO!」

大手魔法瓶のメーカーさんにも「甘酒を水筒に入れて持ち運びするのはどうなのか」問い合わせました。

すると、下記のような回答が返ってきました。

魔法瓶に温かい甘酒を入れた場合、腐敗しやすくなることが考えられるため、おやめいただくのがよろしいかと存じます。

腐敗によりガスが発生いたしますと、ふたが開かなくなったり、ふたが飛び出したりするなどの恐れがございます。

なお、冷蔵庫で十分に冷やした甘酒の方はよろしいかと存じますが、早めに飲みきっていただくようお願いいたします。

また、ご使用後は洗い残しのないようきれいに洗い、十分に乾燥させていただくようお願いいたします。

回答にもありますように、特に温かい甘酒については、魔法瓶に入れて持ち運びするのは避けたほうがいいです。

一方、冷たい甘酒であれば、水筒に入れていてもいいとのことですが

  • 早めに飲み切ること
  • 水筒は使用前後にきちんと洗い、乾燥させて清潔に保つこと

が重要です。
冷たい甘酒を持ち運ぶ場合にも、それなりに注意が必要ということです。

一般的に、ご家庭でも甘酒を作った場合、保存容器は煮沸消毒して使用します。
このことからも、甘酒は清潔な容器に入れておかなければならないことが分かりますね。

スポンサーリンク

また、甘酒の某メーカーさんにも「水筒に甘酒を入れて持ち運びすることについて」問い合わせたました。
すると「衛生面品質保持の面で水筒での持ち運びはおすすめできない」との返事をいただきました。

どうしても、甘酒を持ち運びたい場合には、持ち運びに便利なフリーズドライタイプの甘酒があるので、こちらを利用するといいですよ。

こちらの甘酒の原料は、米、米こうじ、食塩、米粉です。
アルコールや余計な糖分などが添加されていません。

お湯や水を注ぐだけで、どこでも手軽に甘酒が楽しめ、衛生面や品質面を気にする必要ないのがいいですよ。

甘酒は栄養の宝庫!!


水筒での持ち運びには向かない甘酒ですが、甘酒の魅力はなんといっても高い栄養価です。

そのため、甘酒は「飲む点滴」ともいわれています。

甘酒に含まれる主な栄養成分は

  • 消化を助けるアミラーゼやリパーゼなどの酵素
  • 代謝の活性化や免疫力向上の効果があるビタミン類
  • 必須アミノ酸
  • メラニンの生成を押さえ、美白効果をもたらすコウジ酸

です。

特に必須アミノ酸は、人間の体にとって必要不可欠ですが、体内では生産できないアミノ酸のことです。
そのため、必ず食物から取り入れなくてはいけない栄養素になります。

必須アミノ酸には9種類ありますが、甘酒には9種類すべての必須アミノ酸が含まれているため、体を正常に機能させるためにとても有効な食材なんです。

まとめ

今回は、甘酒を水筒に入れて持ち運びすることについての危険性をご紹介させていただきました。

甘酒を水筒に入れて持ち運び、いつでもすぐに飲みたいという気持ちはよく分かります。
私も、甘酒愛飲者なので^^

ですが、温かい甘酒を水筒に入れて持ち運ぶのは腐敗の可能性がありますので避けましょう。

どうしても持ち運びたいと場合は、十分に冷ました甘酒にして、できるだけ早く飲み切り、水筒を清潔に保つようにしましょう。

ぜひ、参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

コメント