玉ねぎ保存の吊るす方法!紐の結び方は?住まいに適した保存法

季節の食材

玉ねぎの保存方法といえば、昔から伝わるのが「軒先に紐で吊るす方法」ですよね。

そこで、「玉ねぎを吊るす方法が知りたいけど、紐の結び方が分からない!」という方のために、今回は、玉ねぎを吊るすための紐の結び方をご紹介させていただきます。

実は、昔と今では住環境が違うので、場合によっては玉ねぎを吊るす保存法が最適ではない可能性もあります。
そこで、住宅に合わせた保存方法もご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  

玉ねぎを保存するために吊るす、その結び方は?

玉ねぎの吊るす方法については、動画が分かりやすいですので、次の動画を一度ご覧ください。

玉ねぎを結ぶには、親指を上手に使うことがポイントです。
紐は全部で3周させますが、1周目は親指のを、2周目、3周目は親指のを通すのがポイントです。

玉ねぎを上手に紐で結ぶことができたら、直射日光を避け、日陰に干します。
昔ながらの一軒家でしたら、軒下や土間などが最適ですよ。

マンションなら冷蔵保存が最適

玉ねぎは軒先に吊るす方法は昔から伝わる保存法ですが、実はマンションにお住まいの場合は、冷蔵庫で保存するのが最適です。

そもそも、玉ねぎは湿気と冷気に弱いです。
そこで、昔は湿気と冷気を避けるため、軒先やベランダに吊るしたり、かごに入れて室内で保存したりして「常温保存」していました。

ところが、最近はマンションなど集合住宅が増え、昔と住環境が異なりますよね。

マンションのベランダに日陰があるとは限りませんし、汚染された空気も気になります。
また、室内での常温保存はどうかというと、現代の住宅は断熱性と気密性に優れているため、室内の風通しが悪くなっています。
さらに、室内は年中エアコンにより快適な温度に保たれており、常温とはいえません。

こういった事情により、昔と違って玉ねぎを常温保存できるような場所は少なくなっています。

そこで、最近の住宅に合った保存方法が「冷蔵保存」なのです。

玉ねぎの冷蔵保存法

前述の通り、玉ねぎは湿気だけでなく冷気も苦手です。
そのため、玉ねぎを冷蔵保存するためには、冷気対策が必要となります。

冷蔵庫での玉ねぎの保存方法をご紹介しましょう。
用意するものは

  • 新聞紙
  • ビニル袋

だけです。
特別なものは何もいりません。

まず、玉ねぎをひとつずつ新聞紙で包みます。
次に、それをまとめてビニル袋に入れて野菜室で冷蔵保存します。

玉ねぎを包んだ新聞紙が湿気を吸いとってくれるので、一年中、玉ねぎを保存することができます。
ポイントは「新聞紙が湿ってきたら、マメに新しい新聞紙にかえてあげること」です。

とはいっても、

  • ☑玉ねぎを新聞紙に包むのがめんどう・・・
  • ☑冷蔵庫に年中玉ねぎを入れておくスペースがない
  • ☑玉ねぎをそれほど長く保存する必要がない

というような方もいらっしゃると思います。
その場合は、従来通り玉ねぎを吊るしたり、かごに入れて室内で保存したりする方法でも大丈夫です。

スポンサーリンク

その際は、かごの上に新聞紙を敷いたり、通気性をよくする工夫をしたりして、湿気を避けましょう。
そして、できるだけ常温に近い場所を選んでくださいね。

切った玉ねぎは冷凍保存がおすすめ

切ったあとの玉ねぎは、冷凍保存がおすすめです。
用途に合わせてみじん切りや千切り、輪切りにし、切り方別にジップロックなど密閉袋に入れて冷凍庫で保存します。

ここでのポイントは、薄く平らにして袋に入れ、使いやすいようにしておくことです。
そうすれば、簡単に手でポキッとおることができ、必要なときに必要な分だけ使うことができます。

私も玉ねぎはよく使うので、いつも冷凍保存しています。
使いたいときに、冷凍庫から出してすぐに使えて、とても便利です。

また、冷凍保存した玉ねぎは、短時間で飴色玉ねぎにすることができるようになります。
飴色玉ねぎといえば、カレーの材料に欠かせませんよね。

短時間で飴色玉ねぎになる理由は、冷凍保存により玉ねぎの細胞壁が壊れ、炒めるとすぐに水分が飛ばされるからです。
玉ねぎの量にもよりますが、10分ほどで飴色玉ねぎができます。

玉ねぎの栄養

玉ねぎの注目すべき栄養成分といえば、ケルセチン硫化アリルです。

ケルセチンとはポリフェノールの一種で、硫化アリルとは、玉ねぎを切ったときに涙が出る原因となる物質です。
硫化アリルは、にんにくやニラなどにも含まれています。

ケルセチンと硫化アリルを含む玉ねぎは

  • 血液をさらさらにする効果(血圧を下げる・動脈硬化予防)
  • 強い抗酸化作用
  • 悪玉コレステロールを減少させる効果
  • 脂肪の吸収を抑制する効果(糖尿病予防・中性脂肪を下げる)
  • 疲労回復効果や食欲増進効果

などが期待できます。

数年前に「酢玉ねぎ」が話題になりましたよね。
酢玉ねぎが注目された理由も、上記のような玉ねぎの効能によるものです。
酢タマネギの作り方

酢タマネギは、あえ物やサラダなど様々なお料理に使えて、とても便利です。

また、酢玉ねぎのほかにも、玉ねぎの効能を利用した「玉ねぎの皮のお茶」も販売されています。
玉ねぎの皮は、料理の前にむいて捨ててしまう方がほとんどだと思いますが、あの茶色い皮にもケルセチンが豊富含まれています。

外側の皮なので農薬や傷みなども気になりますが、自家栽培の安全な玉ねぎでしたら、皮を使ってお茶を作ったり、ベジブロスを作ったりして有効活用してください。

まとめ

今回は、玉ねぎ保存のための吊るす方法をメインに、保存方法や栄養についてご紹介させていただきました。

現代は昔と住環境が異なるので、吊るして保存する方法が最適とは限りません。
場合によっては、冷蔵庫もしくは冷凍庫で保存した方が、衛生的で長持ちする可能性もあります。

ご家庭に合った最適な方法で保存してくださいね。

スポンサーリンク

コメント