身長を伸ばすには成人してからでも間に合う?大人が身長を伸ばす方法

日常の疑問

「身長があと少し高ければな・・・・。」
身長の悩みって大きいものですよね。

「いつか身長が伸びると思ってきたけど、結局理想の背には届かず、成人してしまった。でも、あきらめられない」
そういう方のために、今回は大人が身長を伸ばすための方法をご紹介させていただきます。

子供と大人では身長を伸ばす方法が違いますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク
  

身長を伸ばすには成人になってからでも間に合う!

成人が身長を伸ばすには、体の歪みを直し、正しい姿勢を保つようにする必要があります。

成人すると、俗にいう骨の成長(伸長)は止まってしまいます

というのも、成長期が終わると「骨端線」という骨の伸長に必要な線がなくなるからです。
骨端線とは、軟骨が硬い骨に変化していく境目のことで骨の端にある線のことです。

(引用:高光製薬株式会社ホームページより)

一般的に、男性はだいたい17~18歳(女性なら15~16歳ほど)で骨端線がなくなり、身長の伸びが止まります。
成人以降に骨端線が残っていて、背が伸びるのはごくまれです。

骨を伸ばすには、骨延長手術という方法もありますが、費用が1000万円ほどかかりるため現実的ではありません。

そのため、成人が身長を伸ばすには、猫背など骨の歪みを直し、正しい姿勢を作るほかありません。

大人が身長を伸ばす方法

骨の歪みを取り除き、正しい姿勢を身につけるためにおすすめなのは、自宅でのストレッチです。

「うっ、体が硬くてストレッチ苦手・・・。」という方でも大丈夫。
こちらの動画をご覧いただければ、自分の柔軟性にあったストレッチが分かります。

スポンサーリンク

ご紹介したストレッチのやり方は

  1. 正座する。
  2. 息をゆっくり吐きながらそのまま後ろへ倒れる。
  3. 両手を伸ばす。
  4. そのまま1分ほどキープ。

と、とても簡単でしたね。

腰痛などがある場合には、無理をしない方法で試してくださいね。

このほか、ヨガも身長を伸ばすのに効果があります。
というのも、ヨガに通っているといつの間にか身長が1~2cmほど伸びたという方が結構いらっしゃるんです。

ヨガのポーズにはストレッチ効果があるため、体の歪みをとることができます。
動画を見れば、自宅でもヨガを実践できるので、ぜひ試してください。

体の歪みを取るには、整体やヨガなどに通い矯正していく方法もあります。
私も、産後、整骨院に骨盤矯正に通ったことがあります。
骨盤矯正といっても、骨盤に重点をあて、全身を整えてもらえるため、施術後は姿勢がよくなりました。

ただ、時間が経つと歪みが戻るため、正しい姿勢が自然になるまで定期的に通わなければなりません。
そのため、それなりに費用がかかってしまいます。

費用がかかると継続するのも難しくなるので、まずは自宅でのストレッチを継続してみてください。
自分で続けるのが難しい…という場合には、整骨院や整体、ヨガなどに通ってみるのもいいですね。

まとめ

今回は、身長を伸ばすには成人してからでも間に合うのかどうかについて、ご紹介させていただきました。

成長期を過ぎると、骨の成長に関わる骨端線がなくなってしまうため、骨自体を伸ばすことはできません。

ただ、猫背などの骨の歪みを正すことで、姿勢がよくなり身長を伸ばすことができます。
背骨や骨盤を整えるストレッチをぜひ試してくださいね。

スポンサーリンク

コメント