食材の活用

食材の活用

餃子の具(タネ)が余ったら簡単アレンジ。保存方法と注意点も。

餃子を作っていると 「具だけ残っちゃった!」 ということ、しばしばありますよね。 そんなときは、簡単アレンジ術で違うお料理を作ってしまいましょう。 今回は、餃子の具のアレンジ方法と一緒に保存方法もご紹介させていただきます。 保存するには、押さえておきたいポイントもありますので、ぜひ参考にしてください。
食材の活用

みたらし団子のたれが余ったらごはんやスイーツにアレンジ!保存方法も

「みたらし団子をつくったら、たれが余った!!」 そんなときは、たれをごはんやスイーツにアレンジしてみましょう。 みたらしのたれは、甘辛い味なのでおやつだけでなく、お料理の調味料としても使える万能調味料なんです。 ぜひ、参考にして試してくださいね。
食材の活用

熟成酒粕の作り方とは?寝かせるとまろやかに!さらに使い方まで。

私もその一人で、酒粕を食生活に取り入れることを断念したことがあります^^; ですが、NHKのあさイチによると「熟成酒粕(=酒粕を寝かせる)」だと味がまろやかになって食べやすくなるそうなんです。 なんでも、日本酒造りの職人とうじさんは、酒粕を熟成させて調味料感覚で料理に入れて食べているそうなんです! 酒粕のプロが熟成させて食べているってことは、熟成酒粕が美味しいにちがいない! そこで、今回は熟成酒粕の作り方や熟成酒粕の美肌への効果、美味しい酒粕レシピをご紹介させていただきます。
食材の活用

福岡でパンといえば福岡市東区箱崎のパンストックでしょ!!

先日、福岡市箱崎にあるパン屋「パンストック」へ行ってきました。 パンストックといえば「めんたいフランス」がかなり有名なんですよね! 私も初めて焼きたての明太フランスを車内でガブッと食べたときの感動といったら、もうそれはそれはすごかったです。 それ以来、近くに寄った際には買って帰るのですが、いつもお客さんで賑わってます。 そこで、今回はパンストックさんの美味しいパンの数々をご紹介させていただきます。
食材の活用

20分で完成!かぼちゃスープの簡単レシピ!濃厚スープや合うおかずも紹介

「かぼちゃスープを短時間で簡単に作りたい!」 そんな方におすすめのおいしいレシピをご紹介させていただきます。 ミキサーやブレンダーといった器具も必要ありません。 簡単レシピをマスターしたら、さらにひと手間加えるだけで、濃厚スープにもヘルシースープにもアレンジできます。 ぜひ、参考にしてくださいね。
食材の活用

そうめんのつゆに入れたいいろいろな具。変わり種と話題になったもの

そうめんといえば、めんつゆにとねぎやしょうが、あるいはわさびなど薬味を添えるのが定番ですが、そればかりだと飽きてしまいますよね。 そんなときは、そうめんのつゆにいろいろな変わり種の具を入れてアレンジしてみるのがおすすめです。 今回は、今まで話題になったものも含めて、つゆに入れたいいろいろな具をご紹介させていただきます。 ぜひ、参考にしてくださいね。
食材の活用

ゆでそうめんが余ったときのアレンジ料理は!?最適な保存方法とは

せっかく、そうめんをゆでたのに食べきれずに余ってしまった・・・。 そんなことよくありますよね。 そんなときに役立つのがそうめんのアレンジ料理。 つゆにつけて食べるいつもの方法とは全く違う食べ方でそうめんを楽しんでみましょう。 そうめんのアレンジレシピを知れば、そうめんが余っても全然困らなくなりますよ。 ゆでたそうめんの最適な保存方法もご紹介させていただきます。 ぜひ参考にしてください。
食材の活用

カレーが余ったら作りたいアレンジ料理!保存は食中毒に注意

手作りのカレーが余ったら、毎日カレーライス・・・というわけにもいきませんよね。 カレーは様々なアレンジ料理が作れますので、おすすめのレシピをご紹介させていただきます。 また、カレーは保存方法をあやまると食中毒を引き起こす危険も高まりますので、適切に保存することが大切です。 <span class="bold-red">鍋のまま常温保存もしくは、冷蔵保存してはいませんか?</span> そんな方は要注意ですので、ぜひ参考にしてくださいね。
食材の活用

餅が余ったら作りたいレシピ!!スイーツや鍋にも使える!!

買ったり、いただいたりしてそのまま冷凍庫に保存されっぱなしのお餅。 そろそろ使い切って、冷凍庫のスペースを空けたいものですよね。 実は余ったお餅は、<span class="marker-under">活用方法がありすぎて、一年中常備されている方もいるほどです。</span> お餅が余るという感覚がないそうですよ。 今回は、餅が余ったら作りたい料理をご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。
食材の活用

黒豆煮汁が余ったらリメイク!保存もできて驚くべき栄養も!

手作りの黒豆。 黒豆を食べると大量に残ってしまうのが黒豆の煮汁ですよね。 あま~く味付けした煮汁は捨てるのがもったいないけど、そのまま飲むのには甘すぎる。 そんな黒豆の煮汁はリメイクして、色々な料理に活用してしまいましょう。 黒豆煮汁には、女性に嬉しい栄養も入ってますから捨てずに取り入れてくださいね。